島根県安来市清水町 清水羊羹元祖 黒田千年堂の下僕のブログです

オルエボ+No1

オルエボというラケットはなかなか良い品だと思う。

自分の意志に関係なくボールを弾いてしまう攻撃用のラケットと違い、

打つ、止める、流すといった技術がほぼ意志通りできる。

もちろん球速は攻撃用には及ばないけれども、

ツブとの相性はかなり良い感じ。













黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

迷惑メール

昨日あたりからやけに迷惑メールが来るようになりました。

これまでそういうことが一切無かったので当初は新鮮に感じておりましたが、

日に5、6通くらい来るものですからさすがに辟易しています。

生まれて初めて受信拒否の機能を使って対処していますけど、

おそらくいたちごっこだろうなぁ……













黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

新年を迎えた気はしなかったり

客商売なので大晦日だろうが正月だろうが関係なく仕事をしているため、

どうも新年を迎えた気がしません。

普段はありえないような、島田~清水寺間の渋滞を目にして、

ああ、そういえば年が明けたのだな、と思う有様です。

しかしながら、そもそも私は正月特有のけだるい雰囲気や

特番などが特に好きというわけではないので、

これはこれでいいのかもしれません。











黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

元旦の店番

基本的に文系で数字に弱いため、

お客さんにおつりを渡すときにもたついてしまいます。

760円の商品に対して1000円出されたときはスムーズにおつりを計算できるのですが、

1010円とか出されると軽くパニックになります。

計算機がないとフリーズしてしまうほどに。

一対一ならまだしも、一度に三、四人の応対を迫られますと、

もうどうしようもありません。

まあそうは言っても泣くわけにはいきませんから、必死に電卓を叩くほかないのです……

こういう時、算盤でも習っておくべきだったかなぁ、などと思います。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

魔性の武器……

先日観光協会の落ち葉掃除をしてきました。

前日及び当日の雨でアスファルトに張り付いた落ち葉は恐ろしく掃除しづらく、

作業は難航するものと覚悟をしておりましたが、

ドラ○もんよろしくある秘密(?)兵器が投入されました。

ブロアーです。


乾燥した葉っぱならともかく、濡れ落ち葉ではほとんど使えないだろうと思っておりましたが、

予想以上の働きで見る見るうちに落ち葉が片付いていくではありませんか!

騒音と燃費の悪さが玉に瑕ですけど、「清掃」という目的の前でそんなものは些末な問題なのです。

ただ、こいつを使うと文字通り葉っぱ一枚残らず地面を綺麗にできるものですから、






葉っぱの落ちているところがかえって目立ち、

気になって作業が終わらない!












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

victas vo102

実を言うと高校時代に一時、表×ツブを使用していたことがあります。

当時からドライブが苦手で、もっぱらツブでショートばかりしていたのですが、

じっくりゆっくり攻められると必然的にこちらのショートも威力が無くなるものですから

ある程度攻撃する必要に迫られたのです。

しかしドライブは出来ない。じゃあ角度打ちしかない。

と、いうわけで角度打ちのしやすい表ソフトを裏ソフトの代わりに貼ってみたのです。

たしかバタフライのレシロンでしたでしょうか。

ドライブだろうが何だろうが甘い球が来たら表で叩くという、非常に短絡的な戦略で

色々な相手に挑みましたが、まあ、物にはなりませんでした。

と言いますのも、サーブの威力が落ちたこと。これが大きかったです。

私の得点源はコースを突いたショートとサーブなのですが、

表ソフトの、しかもスピード型のラバーなものですから、

裏ソフトほどの回転がかけられず、

結果サーブでの得点がほとんど出来なくなりました。

では、その分攻撃で得点できたかというと、

これまでのショートオンリーの戦略からなかなか脱却できず、

残念ながら、失敗に終わったのです。

戦型を根本から変えるのは相当大変なんですね。

というわけで、当時はすぐに裏ソフトに戻したんですが、

先日怪しい電波を受信し、再び表ソフトを使ってみたのです。

それがvictas vo102。今度は間違えず回転系の表ソフトです。

こいつはすごいラバーでした。

ブロック度外視、攻撃に特化! と公言しているだけのことはあります。

角度打ちしたときのスピードがすさまじいです。

非力な私でさえ加減しないとオーバーミスを連発します。



さて、そんなこんなでいよいよ実戦投入です。

早く使いこなせるよう、ツブを封印し、表ソフトのみで男子中学生に試合を挑んだところ、

開始直後はラバーに慣れることが出来ず2セット連取されたものの、

その後角度を掴み、3セット連取して逆転勝ちしました。

数分後、別の中学生男子に試合を申し込まれ、

今度はより自分なりのスタイルで戦おうと思い、要所要所でツブを織り交ぜてみました。

・相手のサーブ→ツブでレシーブ→ツッツキ→表で角度打ち
・自分のサーブ→ショート→表、あるいはツブで角度打ち
・相手のドライブ→表でショート→ドライブ→ツブでショート

こんな感じでしょうか。

ツブオンリーで試合をしているとどうしても後半相手がツブの変化に慣れてくるんですが、

表をメインに時々ツブで返球するとその心配がだいぶ軽減されます。

表ソフトとツブの緩急の差が激しく、相手は相当やりにくそうで、

ミスをするたびに「ああ! クソ!」などと悔しげな声を上げていたため、

精神的にも相当ダメージがあったんじゃないでしょうか。実際ストレートで勝ちましたし。

そんなわけで、初めての実戦にしては上出来でしたね。



……しかしながら、問題もありました。

バックに来た緩い球に対して今のところ決定的な攻撃手段がない、ということです。

今回の試合はすべてプッシュで返球していましたが、

やはりこれでは今ひとつ威力に欠けます。

練習してバックハンドの角度打ちをマスターする。

これが最善なのですが、

全くのゼロからこいつを身につけるのは、なかなか骨が折れそうですね……。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

灯参道最終日

IMG_1687.jpg

いよいよ本日で灯参道終了です。

IMG_1697.jpg

今回も清凌亭さんの二階で灯籠コンテストがございました。
IMG_1704.jpg

個人的に気に入ったのは二つ。
IMG_1699.jpg

IMG_1700.jpg

さて、ではカレーパンでも揚げますか。
IMG_1698.jpg
揚げ方が足りないと言うツッコミはさておき、

IMG_1689.jpg
やはり日曜で、しかも雨と来れば、お客さんは昨日ほどはいらっしゃいませんでしたね。

ともあれ、これで二日間にわたる灯参道は終了です。みなさんありがとうございました!











黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

灯参道初日 ハプニングが!

さて、本日から二日間、毎年恒例の灯参道なのです。

今回は新たに揚げたてのカレーパンを提供することになり、

なぜだか分かりませんがいつの間にかその担当になった私は

売店の接客をバイトの若い女の子に任せ、ひたすらカレーパンを揚げておりました。

まあお客さんにとってはむさ苦しいヲヤジよりも

若い女の子に応対して貰った方が良いでしょう。



それはそうと、実は私、揚げ物はあまりしたことがありません。

一人暮らしをしていた頃はそれなりに自炊はしましたが、

揚げ物は一度もしたことがなかったりします。

そんなわけで、開店前に揚げ方のコツを本職(清水の旅館さん)の方からレクチャー

して頂きました。

とりあえず試作の三つは結構上手に揚がり、一安心しておりましたら

早速お客さんがお見えになりました。

試作も上出来だったし、こりゃ行ける! 手早く揚げてやるわ! 

などと調子に乗って火を強めにしたら



見事に真っ黒焦げに。


やはり調子に乗るものではないですね。

その後は堅実に弱火から中火の範囲でじっくりと揚げることに専念しました。

その甲斐あってか、イベントが終わる少し前に完売し、ほっとしています。

さて明日は最終日。

慣れたので初日よりはうまく揚がるような気がします。(たぶん)














黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

『ピンポンさん』 読了



荻村伊智朗という方をご存じでしょうか。

卓球をしている人間でこの人の名を知らない人はいないと思いますが、

一応ウィキの記事を引用しておきます。

静岡県出身。都立第十中学校在学中に卓球を始める[1]。その後は東京都立大学に入学し、転学した日本大学芸術学部映画学科を卒業。

1953年に全日本選手権 男子シングルスで優勝すると、1954年のイギリスウェンブリー及び1956年の東京で行われた世界卓球選手権で優勝した。シングルス・ダブルス・混合ダブルス・団体あわせて12のタイトルを獲得。引退後、中国やスウェーデンへの指導など国際的な卓球の普及に努めた。『卓球はチェスをしながら100m走をするようなもの』という言葉を残し、これにジャン=フィリップ・ガシアン(フランス)は共感した。

後に日本卓球協会常任理事となり、後藤鉀二会長と共に1970年に訪中。周恩来とも会談し、1971年の世界卓球選手権名古屋大会への中国復帰に尽力した[1]。

1987年に第3代国際卓球連盟(ITTF)会長に就任。国際卓球連盟会長として1991年に開催された第41回世界卓球選手権千葉大会では、大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国による統一コリアチームの出場を実現させた(同大会では女子団体で統一コリアが優勝している)[1]。ITTF会長と同時に兼任していた日本オリンピック委員会(JOC)国際委員長としては1998年の長野冬季オリンピック招致に尽力した[1][2][3]。

また彼は卓球のイメージアップを図り、青い卓球台の導入、ラージボール卓球の開発、普及も行った。

また祖父が長野県木曽郡楢川村(現・塩尻市)出身であった縁もあり、1995年に楢川村の名誉村民に推挙されている[4]。また塩尻市では毎年、荻村伊智朗を記念して楢川荻村杯オープン卓球大会を長野県卓球連盟の主催などで開催している。

1994年12月4日、肺がんにて死去。62歳没。没後の1997年に田中利明、松崎キミ代、江口冨士枝らと共に世界卓球殿堂入りを果たした[5]。ジャパンオープン卓球選手権大会が荻村の死後に荻村杯国際卓球選手権大会に改称され、国際卓球連盟公認プロツアー公式戦として開催されている。


『ピンポンさん』はまさにこの萩村さんの評伝です。

野球から卓球に転向したものの「才能がないから辞めた方がいい」と切って捨てられたり、

他者を寄せ付けない性格が災いしてチームメイトから反感を買ったり、

狂気じみた練習、暴言で周りから人がいなくなったり、

まあすさまじい人ですね。

卓球に人生すべてを賭けている、というより、

卓球するために生きている、卓球に必要ないこことはすべて排除するという姿勢なので、

まさに冥府魔道を地で行ってらっしゃいます。

読み物としては大変面白かったのですが、実際こういう方が近くにいたらたまらないでしょうね。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

食べ放題、飲み放題の店

協会の清掃作業のナオライに行ってきました。

食べ放題、飲み放題のプランだったため、たらふく食って帰ろうと思いましたが(←意地汚い)

残念ながらそういうわけには参りませんでした。

そもそもアルコールは苦手なためガンガン飲むわけにはいかず、

かと言ってその分料理を食べようとしても胃が小さいのか

すぐに満腹になり周りの人に呆れられる始末。

おそらくですが、値段の三分の二も取り戻せていないような気がします。

下戸で小食はこういう時、損ですよね……。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村
プロフィール

tonio

Author:tonio
清水羊羹元祖 黒田千年堂

お問い合わせ

管理人
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR