島根県安来市清水町 清水羊羹元祖 黒田千年堂の下僕のブログです

Émonda ALR 4

雪が溶け、道路を走行するローディの姿をちらほら見かけます。

本日遭遇したのはトレック。

たぶんÉmonda ALR 4。

個人的にフロントフォークになまめかしさを感じるのですが変でしょうか?











黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

アタック8

ある程度攻撃できるツブは無いものかと思い立ち、

アタック8なるラバーを試してみました。




このラバー、見た目は完全にツブ高なのですが、実際に打ってみるとツブとはだいぶ感覚が違います。

と言いますのも、ツブ高はレシーブの際に結構いい加減な角度で当てても返球できましたが、

こいつはある程度角度を付けないとまともに返球できません。

つまり、ツブに比べ相手の回転の影響を受けやすいって事ですね。

でも、裏を返せば自分から回転をかけることも可能で、

実際攻撃は今まで使ったツブの中でダントツにしやすいです。

もっとも、ツブで攻撃したときのような嫌らしい回転ではなく、

割と素直な前進回転やナックルになるので、相手から反撃されやすくもあります。

以下気づいたこと。(あくまで私見です)

・粒高最大の攻撃、対下回転プッシュがやりづらい。ほとんどオーバーしました。
・相手のドライブをショートで返球する際、ツブよりもラケットをかぶせる必要がある。
・相手からの上回転のサーブをラケットをかぶせてプッシュすると表ソフトみたいな弾道で返る。
・カット性ショートの回転量はツブに劣る。
・とにかく攻撃がしやすい。ツブでの攻撃はネットにかかることが多かったが(いわゆる’落ちる’)、
 このラバーはむしろオーバーミスする。

以上を踏まえ、結論を述べると、

こいつは見た目は粒高、中身は表ソフトというラバーである。

そういう訳なので、表ソフト使用者がこのラバーに移行する場合は特に何の問題もないと思われますが、

ツブから移行する際はかなり違和感があるでしょう。

私のようにブロック主体の選手は攻撃頻度を上げないとおそらく勝てません。

このラバーでショートしてもツブほどの変化はないので連打される可能性大だからです。

個人的にはとても面白いラバーだと思いますが、

ツブ高使用者が使いこなすには新たな技術を要するハードルの若干高いラバーですね。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村




ルイガノRSR

車で配達中に自転車に乗った、通勤中らしい男性を見かけました。
たぶんLGS-RSR4。
私の感覚では通勤に使うにはちょっと勇気のいるクロスバイクですね。
















黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

対カットマン

仕事の都合で長らく卓球の練習にも行けませんでしたが、先日久しぶりに顔を出してきました。

約二ヶ月のブランクがありましたが、もともと衰えるような大した技術も持っていないので

脚が動かないといった程度の問題はありましたが、特に支障なく試合もできました。

相手は中学生の男の子。シェークの裏にツブを貼っていたのでもしや……と思っていたら、

案の定カットマンでした。

しかもフォアにきた甘い球はかなり強烈なドライブを打ってくるデンジャラスなタイプです。

とは言え、回り込みはしないようだったので、ひたすらバックに打ってドライブ攻撃を封じ、

甘い球が来たら強打。来なかったらひたすらツブでカット打ち(恐ろしく下手だが)という、

実にシンプルな戦術で割とすんなり勝てました。

相手には申し訳ないですけど、こういった守備型はリハビリにはちょうど良い相手でした。




今年は粒高での攻撃力を高めたいです。











黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

女性向けのロードバイク

ロードバイクの中には女性用に設計されたものがあります。

ジャイアントならLivなどですね。

私は体が小さいのでどのメーカーのロードもだいたいXSとかサイズが一番小さいものになるんですが、

これはもしや女性用のロードの方が体に合うのでは……なんて思ってしまいます。

Livの場合はカラーリングやロゴではっきり女性用と分かってしまうため、乗ることはないでしょうが、

こんなことを考えるのはたぶん私だけではないはず……。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村
プロフィール

tonio

Author:tonio
清水羊羹元祖 黒田千年堂

お問い合わせ

管理人
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR