FC2ブログ

島根県安来市清水町 清水羊羹元祖 黒田千年堂の下僕のブログです

小式部内侍

大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立


有名な歌なのでどこかで目にした人もいるはず。
ワタクシめは俗っぽい人間なので芸術とかブンガクに暗いのですが
学生時代に教わったこの歌は印象に残っているのです。

この歌の作者は和泉式部の娘、小式部内侍です。
ある歌合わせがあり、彼女があてがわれた部屋にいると、
藤原定頼という男がやってきてこんなことを言いました。
「どうせ代作してもらってんでしょ? お母さんからの手紙は届いたかい? けけけ・・・」

母親の和泉式部は歌の名手ですから、まあそういう疑念はあるわけです。

すると小式部内侍はそのまま立ち去ろうとする定頼の袖をガシッと掴み、
上の歌を詠んだのですね。

かっこよすぎます。
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tonio

Author:tonio
清水羊羹元祖 黒田千年堂

お問い合わせ

管理人
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR