島根県安来市清水町 清水羊羹元祖 黒田千年堂の下僕のブログです

ペンツブの逆襲

前回の対戦で、サンドバッグ状態で惨敗したペン表の方にリベンジを申し込みました。

技術では圧倒的に向こうが上にもかかわらず、前回は特に策もなくぶっつけ本番で挑んで塵となったので、

今回はちょっと頭を使いました。

まず、バックハンドの危険は無いのでレシーブは基本バックに返すようにする。

回り込んで打って来るようになったら時々フォアに返球して回り込みにくくする。

下回転のボールが来たらとにかくツブでバックにプッシュ。

それが返ってくるようなら表ソフトに反転して叩く。

こちらがサービスの時は積極的に表ソフトで三球目を狙う。

ラリーの最中、相手が繋ぎのドライブを打って来たら表ソフトで叩く。

と、かなり強引な作戦でしたが、なんとフルセットで勝ちました。

前回ストレート負けだったので、少なくとも作戦は悪くなかったのだと思いたい。

自分でも実感するのですが、ツブと表ソフト両方で攻撃、守備をすることで

ボールにかなりの緩急が出来、相手の追撃をかわすことが出来ました。

特に、今までグラスでは相手からの繋ぎのドライブをストップで返すことが困難でしたが、

現在使用しているツブは低弾性のため、ストップがやりやすく、後ろに下がって次の攻撃を用意している相手が

つんのめってくれます。

相手の連打を封じることが出来るのはやはり大きいです。



ただ、今回の最大の問題は表ソフトでの三球目攻撃。

はっきり言って成功率が低すぎました。半分も入りません。

私の失点のたぶん40%くらいは三球目攻撃のミスです。

逆横回転を出すと大抵フォア側に返ってくるものなので、それを叩くのですが、

この方ぐらいのレベルだと、簡単にバックにも返されるので回り込まなくてはならず、

結果不得意な回り込みでミスして失点するという、完全な自滅が何度かありました。

私の場合、表ソフトの扱いは完全に素人なので、

この方のようにドライブで丁寧に繋いでスマッシュで決めるというオーソドックスな

表ソフトの戦術を身につけられたら、と思います。











黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tonio

Author:tonio
清水羊羹元祖 黒田千年堂

お問い合わせ

管理人
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR