FC2ブログ

島根県安来市清水町 清水羊羹元祖 黒田千年堂の下僕のブログです

dawei 388D-1

今回の対戦相手はシェークドライブ型の高校生、ペン表ソフト(裏面無し)の社会人男性、ペンドラ(裏面無し)の社会人女性。

驚くことに、


全敗でした。

まあ、全員実力的に私より上の方々なんで当然なんですが。

今日力を入れたのは、こちらの下回転系のサーブを相手が突っついてきたところをツブでプッシュ。
相手のサーブ、もしくはドライブをストップ性のショートで返すという、この二点。

時間も限られていますし、そもそもまともにドライブの出来る人は
大抵同じくらいの実力の方と打つことが多いので
私のようなチンチクリンではなかなか対戦できないのです。

さて、ツブのプッシュですが、さすがにグラスには劣るものの、
かなり低い弾道で相手コートに突き刺さってくれるので、
コースと相手の位置さえ考慮すれば十分な攻撃力があります。
下手したら一発で抜くことも可能です。
今回はバックとフォアの二カ所だけを徹底して狙い、精度とコントロールの感覚を掴もうと試み、
少なくともバック方向へはちゃんと入れるようにしました。
問題はフォア。
グラスよりも相手の回転の影響を受けやすいため、
ちょっとしたラケット角度のミスでサイドをはずれてしまいます。後述しますが、これはショートでも同じです。
慣れがかなり必要かと思われます。

次にストップ性ショート。
はっきり言って止まりすぎます。
まあ比較対象がグラスなんで当たり前と言えば当たり前なんでしょうが、
力を殺しすぎてネットを越えないミスを何度も繰り返しました。
でもこれが成功するようになれば、今まで相手を左右にしか振れなかったものが
前後にも振れるようになるので相当嫌らしい戦い方が出来るはずです。

当てるだけのショートについて。
グラスの感覚でショートをすると、なぜかすべてネットを越えませんでした。
心持ち上向けるとちょうど良い案配です。
本当はカット性ショートをしたいんですが、通常のショートもままならない状態なので
基本を身につけるまでは我慢です。

今後の目標としては、
・ツブのプッシュとストップ性ショートを完全に身につける
・現在威嚇用に使っている表ソフトとの連携を深め(今は三球目にしか使っていない)
少なくとも裏面が振れるようにする

こんなところでしょうか。

総じてこのラバーは相当使いやすいです。
相手の攻撃は止まりすぎるくらい止まるし、こちらの攻撃は低い弾道で(ツブにしては)速い球が出せますし。
ただこんな具合に自分にとって扱いやすいツブは実は相手にとってもやりやすいので
自分から変化を付ける必要があり、この技術が無ければ十分に性能を発揮できないですね。

今回の試合結果は残念でしたが、正直に言うと
ドライブの威力が無かったり、まともに連打できない人に勝つよりも
強烈なドライブを持っていたり、連打できる人と試合して負ける方が
たとえサンドバッグ状態になっても面白く、得る物も大きいですね。











黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tonio

Author:tonio
清水羊羹元祖 黒田千年堂

お問い合わせ

管理人
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR