島根県安来市清水町 清水羊羹元祖 黒田千年堂の下僕のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜人

亜人という漫画を読ませて貰った。

絵は『AKIRA』、ストーリーは『寄生獣』という印象である。

真っ先に思ったのは、人間のリアリティがないということ。

不死がどうとか、IBMがどうとかというのは、

そういう設定、ストーリーなのだから納得できる。

けれども、不死というだけで別段犯罪者でもない亜人が一般人から嫌悪、

差別されているのはどうも腑に落ちないし、

主人公が亜人だと分かったとたん、

周囲の人間が単なる噂に過ぎない懸賞金目当てに手のひらを返し、

捕獲しようとする様は

どうにも人間的なリアリティが感じられない。

それから主人公の性格のブレ。

当初は周りが亜人を人間扱いしないことに違和感を覚えたり

親友を気遣ったり、追い詰められても人殺しはしないというような、

優しさを持っていたのだけれど、ある場面では突然

人を見捨てたり、別の局面ではやっぱり助けたりと、

場面によって思考と対応が全く違うのである。

たとえば寄生獣では右手に寄生していたミギーが、

一部脳に入ることによって主人公の性格が変化した、

という説明がなされる。

しかしながらこの作品ではそういう説明は一切無い。

これは単に作者や編集者のブレなのか、あるいは伏線(実は何度か頭部を切り離して死んでいたりというような)

なのか、私には分からないが、

人物の言動が、ちょっと都合が良すぎるような気がする。

ただ、9巻まで読んだけれども、続きは大変気になる。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tonio

Author:tonio
清水羊羹元祖 黒田千年堂

お問い合わせ

管理人
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。