島根県安来市清水町 清水羊羹元祖 黒田千年堂の下僕のブログです

倉敷 美観地区 ロードバイクで

岡山県倉敷市。

私にはあるミッションが課せられていました。

タイムリミットは約2時間。

その間に美観地区を見て回り、さらに大原美術館に行くのです。



スタート地点である倉敷駅から美観地区までは徒歩で行けない距離でもありませんが、

2時間というタイムリミットがある以上、乗り物に頼ることにします。


タクシー?

いえいえ、金がもったいないです。

私が選んだのは






チャリです。

駅周辺にレンタサイクルがあるのはリサーチ済み!

というわけで倉敷駅の南口から南東へ歩くとすぐに

JR西日本レンタカーの看板がある小さな建物に入り、

自転車一丁! と注文したところ、

受付の方が持ってこられたのは、






ママチャリ!!

しかもカマキリ型!

倉敷 美観地区1

いやいやいや、なんか嫌な予感はしていたんですよ。

外に駐輪してあった自転車はすべてこのタイプでしたから。

しかしですね、私もロードバイクを用意しろ! なんて言いません。

そりゃあできればクロスバイクくらいは期待してましたけど、

それにしてもこいつはさすがに唖然としました。

せめてフラットバーハンドルにしてください(涙

いろんなところでレンタサイクルを利用しましたが、

選択肢がこれだけっていうのは初めてです。




泣いていても仕方がないのでサドルにまたがります。

しかしそこはママチャリ(カマキリ型)。

足裏がべったり地面につくほどのサドル高なので

どうにも乗りにくい。

たぶん乗り慣れた方ならこれが良いんでしょうが、

かなり違和感があり、いったん降りて

普段乗っているクロスバイクと同じくらいのサドル高に調整。

改めて乗ってみると、




怖い!

考えてみれば私このタイプのハンドルは初めてなんです。

ママチャリはフラットバーでしたから。

おばさん達はよくこんなハンドルで曲がれるなぁ、などと感心しながら

最初の数メートルをフラフラしながら進み、

それでもなんとか体勢を立て直すと、

少しずつ身体も慣れてきてまっすぐ走行できるようになりました。

では、美観地区に向かいます。


倉敷 美観地区3

気合いを入れて漕いだせいか割と早く到着しました。

まあ徒歩で行こうかと思ったくらいの距離ですし、当たり前かも知れません。
倉敷 美観地区4
きびだんごの元祖、廣榮堂さんです。

時間制限もあり、今回の目的は土産を買うことではないのでスルーしました。(すいません)

倉敷 美観地区2

美観地区に二箇所あるようです。

本当はもっと滞在していたかったんですけど、時間もあまりなかったので

大原美術館へ。

実業家だった大原孫三郎さんが、洋画家の児島虎次郎さんに依頼して収集した西洋絵画が

展示されています。


有名なのはエル・グレコの『受胎告知』ですね。

展示室ではなく廊下の一角に展示してあったため、ぼーっと歩いていたら

気づかず通り過ぎてしまい、その様子を見ていたであろう係員の方から

「お客様、あちらの受胎告知は見られましたか?」と

ご指摘を受けたのは秘密です。(ああ、恥ずかしい……)



他にも、ミレー、ルノワール、セザンヌ、ロダン、岸田劉生など、

ダラズな私でも知っているような有名な方々の作品があり、見応えがありました。

本館、分館、工芸館、児島虎次郎記念館と見て回るところは多かったんですが、

残念ながら時間の問題で、後半は早足で鑑賞することになってしまいました。

おそらくまともに見ていたら三時間くらい必要ではないでしょうか。



さて、本当は距離的にもそれほどここから遠くない大山名人記念館にも

行ってみたかったんですが、タイムリミットが迫り、

ここで駅に引き返しました。

さすがに2時間ではすべて見て回るのは厳しいです。

次回来る機会があったら、もう少しゆっくり滞在したいものですね。

そしてその時は、できればマイチャリで廻りたいものです。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tonio

Author:tonio
清水羊羹元祖 黒田千年堂

お問い合わせ

管理人
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR