島根県安来市清水町 清水羊羹元祖 黒田千年堂の下僕のブログです

雨ざらしのfelt

ゴールデンウィークに入り、ローディを頻繁に見かけるようになりました。

今日の山陰地方は空模様が怪しく、時々雨が降っていましたが、

そんな中でも走行していらっしゃるので、きっとこの後メンテが面倒だろうなと、

スプロケを錆び付かせた私などは思ってしまうのです。



さて、そんな天候の下、一台のロードバイクが駐輪してありました。

いや、駐輪、と言うのは少し語弊があるかもしれません。

施錠はしてあっものの、風で煽られたのか無造作に横倒しになっていましたし。

で、ダウンチューブにはFELTの文字。

いやぁ、機種は分かりませんが、結構なお値段だと思うのですよ。

もうちょっとこう、手心……じゃなくて、愛情を持ったらいかがかと。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

増税後削っている費用

そもそもあまり買い物というものをしないので削るも何もなかったりするんですが、
強いて言えば本でしょうか。











黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

学生時代の教科書

特に思い入れもないので高校までの教科書類はすべて捨てました。

ただ大学時代に卒論を書くため収集した資料は未だに捨てられず部屋にあります。
たぶん二度と使わないだろうと頭では分かっているんですが、
それなりに苦労して集めましたし、入手困難なものもありますし、
捨てるに捨てられません。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

清水羊羹元祖 黒田千年堂 30g×60ヶ

清水羊羹元祖 黒田千年堂 30g×60ヶ
清水羊羹元祖黒田千年堂30g×60
30gの一口羊羹が60ヶ入っています。
価格は税込4560円。
ご贈答……よりも、ご家族で召し上がった方がいいかもしれません。
化粧箱には入っていないので。
賞味期限は7ヶ月。
直射日光を避けて常温で保存してください。

交通事故

配達途中で見かけたんですが、

トラックがバックする際にうっかりしていたのかオブジェに激突していました。

ドライバーはどうやら新人さんらしいです。


免許取り立ての頃は私もよく壁やら電柱に

ぶつけたりこすったりしたものです。(実は今年の1月にもぶつけていたりします)

そんなこんなで結構経験は積んでいるはずなんですが、

未だに縦列駐車がスムーズにできないのはなぜなんでしょう?












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

feltのF85

車から降りてドアを閉めようとしたらちょうど角が左足のすねにクリーンヒットし、
その場で悶絶したマヌケなtonioデス今晩は。
急ぐとロクなことがありません。はぁ。

ところで今日はfeltのF85を見かけました。
フレームカラーはギャラクシーブラック。

遠目から見ても、なんというか、高級感がありました。
が、惜しむらくは完全に普段着、そしてノーヘルで乗っていらっしゃったこと。

もちろんどんな格好でロードに乗ろうがその方の勝手ですけれど、
feltは普段着で乗るような機体ではないような気がするのです。個人的に。
それにやはり意識せずともスピードが出るんで、ヘルメットは装着しておいたほうがよろしいかと。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

STAP細胞問題で小保方晴子氏が会見



私は文系なので理系の論文のことはよく分からないんですが、
引用元が分からない文章を掲載したり画像をいじったりというのは
自分でもまずいとは思わなかったんでしょうかね?













黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

値段は知っていても価値は分からない

いろいろな物の値段は知っているけれども、本当ところ、その価値は分からない。

そんなことがあります。

お金に換算しなければ物の価値が分からない、

またそういった価値観こそが正しいと思い込み、

それに反する人を批判し、バカにする……。

何とも難儀なことだと思います。
















黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

パナソニック ロードバイク

少々お年を召した方がクロモリフレームのロードバイクに乗っていらっしゃるのを見かけました。

ダウンチューブに目をやるとパナソニックのロゴ。

何というか、独特の格好良さがありますね。やはりクロモリは。


クロモリの乗り心地がどうだとかアルミに比べて剛性がどうだとか、

そういう蘊蓄は全く持ち合わせておらず、ただただ格好良いか否かしか語れないあたり、

ど素人丸出しですな。ワタシ。















黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

山中鹿介

大河ドラマ、『軍師勘兵衛』で上月城の戦いがやっていました。

勘兵衛軍が苦戦する中、援軍として颯爽と現れたのは我が地元の英雄

山中鹿介で、正直この戦いに彼が参戦していたことさえ知らなかったワタシは

ぼーっと見ていてびっくりしました。

ひょっとして創作かな、と思い調べてみたんですが、

この戦いの後に織田信長から上月城の防衛を任されたのは事実らしい。

まあいずれにせよ地元の戦国武将が登場したことは喜ばしいことです。

ただ、

ワタシのイメージでは今回のような勇将ではなく、

知略タイプの武将だったんですけどね。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

プロフィール

tonio

Author:tonio
清水羊羹元祖 黒田千年堂

お問い合わせ

管理人
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR