島根県安来市清水町 清水羊羹元祖 黒田千年堂の下僕のブログです

見慣れぬフレームの自転車

米子市内を車で走っていると、珍しい自転車を見かけました。

オレンジ色のクロスバイクのようでしたが、

変わった形のフレームで

トップチューブが二本交差しているように見えました。

何かメリットがあるんでしょうか……












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

giantのクロスとanchorのロード

ちょっと吃驚したのですが、

ジャイアントのクロスバイクとアンカーのロードバイクという二人連れが

清水寺の境内にいらっしゃったのです。

え? 階段を上がってきたということは、担いで持ってきたんですか、それ?

などと唖然とするワタシの横を足取り軽く通り過ぎて行かれました。

しかし考えてみると、参拝するにしても長時間自転車を放置するのは

ワタシでも心配です。

どうしても盗難の危険がありますからね。

とは言うものの、7キロから12,3キロある物を担いで

あの長い階段を上がるのは骨が折れそうです。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

携帯のマニュアル

昨日乗り換えた携帯電話。

そもそもキャリアが違うし、メーカーさえも変わってしまったのである程度は予想しておりましたが、

やはり

使いにくい……。

基本的なボタンの配置は同じなのに、打ち間違いが多いです。

これはもう慣れるしかありませんけどね。

ところで、ちょっと昔、携帯電話のマニュアルが厚すぎるという不満を聞いたことがあります。

今ワタシが持っている携帯のマニュアルはそれほど厚くはないので、

たぶん改善されたのでしょう。

でもですね、

言わせて貰うと、

下手に薄くして重要な操作や情報を記さないのであれば、

これでもかってくらい厚くして懇切丁寧にしてもらった方がありがたいです。

分からないことがある度ネットで調べなくてはならないなんて、面倒で。

まあワタシがアナログ人間だから何でしょうけど。














黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

iコンシェルとかケータイデータお預かりサービス

学生時代からA社の携帯を利用していましたが、

ここ清水町では電波が入りにくく、通話も時々途切れるといった具合に

仕事にも支障を来しそうなので、この度B社の携帯に乗り換えました。

え? スマホにしたのかですって?


はっはっは。






ガラケーに決まってるじゃありませんか!

時代に逆行する男tonio……。





いやぁ、最近はほとんどスマホなんですね。

ガラケーの種類の少ないこと少ないこと。


ともあれ、入手後真っ先にしたのは、

iコンシェルとかケータイデータお預かりサービスとかいう

たいして必要なさそうな、しかし有料というやっかいなアプリの解約と削除。

おそらくこの手間を惜しんで月々無駄な利用料金を払い続けているユーザーの方も

いらっしゃるんじゃないでしょうか。

と言うか、強制加入させるあたり、たぶんそれが目的なんでしょうね。














黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

失態!

配達から帰ると、

母親からこんなことを言われたのです。





「ねえ、あんた、お尻のところ破れてない?」



はっはっは、ドリフじゃあるまいし、何十年前のコント?

などと余裕の表情で触ってみると……



破れてる!! 穴開いてるー!!


一応断っておくと、破れていたのは手帳を入れていたポケットの、

ちょうど手帳の角があたる部分で、破れたところから下着が見えるようなことはありません。

……とは言うものの、みっともないことには変わりありませんが。


こんな状態で外を出歩き、配達していたのかと思うと、

恥ずかしいというよりあきれてしまいます。

気づけよ自分。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

アレルギー

夕食で食べた海老のせいでアレルギー反応を起こしたtonioです。

基本的に海老と蟹アレルギーなのですが、

皮肉なことにどちらも好物という、

全く救いようがない体質なのであります。

なので、食べる際はいつもアレルギーのことを覚悟して食しております。

ワタシの場合は焼いた物、揚げた物は大丈夫そうなのですが、

湯通しのみという場合には、ほぼ必ずと言っていいほど反応します。

金持ちになったらたらふく蟹を食べるというのが夢なのですけど、

その実現は、この難儀な体質の問題で難しそうですな。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

イノシシ

今年は竹の生育があまり良くないらしいです。

いわれてみると毎年のようにイノシシが竹の子を目当てに

地面を掘り返していましたが、

今年はそんなことはなかったようで。

しかし今後もそうとは限りません。

いつイノシシと遭遇しても良いように、

逃げ足だけは鍛えておくのです。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

月山富田城に攻め入ります

ジャイアント tcr1
ふと思いつき、何十年かぶりに富田城跡に行ってみることにしました。

もちろんチャリで。

ここ清水町からストレートに富田城のある広瀬に向かうのは芸がないので

安来市内を通り、城谷の方から向かいます。

富田城入り口

富田城入り口に到着。

ここからは徒歩です。

富田城の歴史

todajyou hiroba

富田城「跡」なので、現在は石垣が残るのみです。

富田城登り口
なかなか趣のある入り口。少し不気味かも。

親子観音2
石段をしばらく登ると左手に祠がありました。
「親子観音」と書かれています。
堀尾家のお家騒動の首謀者で処刑された堀尾河内守とその子供の墓、
といわれていましたが、近年の調査では堀尾勘解由の墓らしいとのこと。

富田城石段
こんな石段がずっと続きます。
雨上がりということもありましたけど、
spdシューズを履いていましたので滑りやすく、
実際何度か滑りました。転びはしませんでしたが。

三の丸石垣
三の丸の石垣です。
清水寺もそうですが、重機の無かった時代に
昔の人はよくこんな物を作りましたね。驚きます。

富田城本丸跡
そんなこんなで本丸跡に到着。

富田城二の丸からの眺望
広瀬の町並み、飯梨側周辺から中海までの眺望がすばらしいです。
ちなみに左端の切れている山は京羅木山と言います。
母校である安来第二中学校の校歌の中にある「夕日うすづく京羅木の」
と言うフレーズは、この山だったのか~と一人で得心していました。

富田城本丸跡 神社
何もないなー、と奥に進むと、社がありました。
勝日高守(かつひたかもり)神社です。
尼子の時代は城内の守り神として祀られていたそうです。
祭神は大国主命。
いわれてみると屋根の形が出雲大社に似ているような気も。

石段が麓に向かって斜めになっているので帰りはさらに足下が滑りやすく、
かなり慎重に下山しました。
道も狭く、人気もないので崖から転げ落ちても
よっぽど大声を出さないと誰にも気づかれないんじゃないでしょうか。
なので、一人で行くことはあまりオススメできません。特に女性の方は。

ともあれ、石垣は見事ですし、
閑静な山道と趣のある石段も、なかなか良い雰囲気を出しています。
頂上からの景色も壮観ですしね。
麓から本丸跡まではおよそ600メートルとのことでしたが、
もちろん石段を延々上がっていくので
そこそこ疲れます。(ワタシが体力ないだけかもしれませんが)
そういうわけで、しつこいようですが、
ちゃんとした靴を履いていきましょう。











黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

電動アシストスポーツバイク

先日のサイクリング大会で電動アシスト付きのクロスバイクを見かけました。

バッテリーが切れるとただの重いチャリに成り下がってしまうようなんですが、

急な坂道がある近場の移動には良いかもしれませんね。

そのうちロードにも搭載される日が来るのかも……












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

半月板の損傷とか

ケガとか手術とか骨折とか、

とにかく、

痛い話、血を連想させる話は苦手です。

酒が入っていたとはいえ、

半月板の損傷の生々しい話を伺い、若干気分が悪くなりました。

素面だったら貧血起こしていたかもしれません。

なんせ、採血の度に気分が悪くなるほどのノミの心臓なんで。











黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

プロフィール

tonio

Author:tonio
清水羊羹元祖 黒田千年堂

お問い合わせ

管理人
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR