FC2ブログ

島根県安来市清水町 清水羊羹元祖 黒田千年堂の下僕のブログです

裏面練習中

裏面でのレシーブや3球目攻撃が出来れば戦術の幅がぐっと広がる。

そんな思いから裏面を練習していますが、




激難しい


そこらの中学生が当たり前のようにやっているので軽い気持ちで始めましたが、

球種とコースを限定した練習ですら、10球に1球入るかどうかというレベル。

うまい人に言わせると、



当てて返してるだけですね

とのこと。

回転をかけないとボールが安定しないし、なにより下回転が持ち上がりません。

原因は自分でも分かっています。

気持ちが焦って十分な体勢を取れないまま、手だけで打ってしまうのです。

なんとか克服したいものです。













黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

Dr.Neubauer No1

カールP1rでリハビリを続け結構ツブの感覚を取り戻せたような気がするので

メインで使っていたNo1に戻すことにしました。

やはり打ちやすさ、カット性ショートのキレがP1rを凌駕していますので

タイミング良く切れば相手のドライブを封じることが出来そうです。

何よりも特筆すべきは、ツブのくせに自分からある程度変化を付けられるということ。

ツブはその性質上自分から変化を付けづらく、相手にしてみれば、

自分が回転をかけた同程度の回転量で戻ってくる、とあらかじめ予想できるわけです。

そこでカット性ショートでもかましてやると、その予想を上回る回転で返球できるため、

頻繁にミスしてくれます。

加えて、カット性ショートは通常の当てるだけのショートと弾道が違うのも利点です。

通常のショートは比較的ゆっくりと放物線で相手に返っていくので、下手に浮くと

強烈なドライブやスマッシュを食らってしまうのですが、

カット性ショートは結構スピードがあり、しかも直線的に飛んでいくので

相手は戸惑うはずです。

理想としてはカット性ショートを相手が持ち上げて来たところを裏面で仕留める、というのが

最高なんですが、残念ながら私の裏面はまだまだ試合で使えるレベルには達していません。











黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

用具を変えて再出発

長いこと間が空いてしまったのでどうも調子が良くありません。

あ、卓球の話です。

地獄の連休も終わり久々に練習しましたが、足は動かないわラケット角度もめちゃくちゃだわで散々でした。

中学生と試合をしましたが、負けはしなかったものの、

自分の思うようなボールが打てず凡ミスを繰り返すのでほとほと嫌になりました。

こんな時は初心に返るに限ります。



そこで、初心用の用具(自分の中で勝手にそう名付けました)を使うことにしました。

それがカールP1rとスレイバーEL。

まともに卓球をしている人で、

P1Rはともかく、スレイバーELを使っている人はおそらくいないんじゃないでしょうか。

詳しい人ならお分かりでしょうが、

昔はともかく現在ではほぼ初心者用のラバーなのです。

つまり卓球を始めたばかりの中学生が使うようなシロモノ。

しかしながら今の私のように以前の技術が錆びついてしまった人間にとっては

基本に立ち返るために便利だったりします。

何しろ自分からしっかりかけないと回転もかかりませんし、

スピードも出ませんから。

一方ツブのP1R。こちらは別に初心者用ではありませんが、

グラスやフリクションといった海外製のツブに比べるとやや反転能力は落ちる印象です。

普段はスポンジ有りのツブを使っていますが、こいつは一枚ラバーなので、

コースを狙ったりボールの長短や強弱を付ける練習に持ってこいだったりします。

で、

問題は相手。

中学生では球威が今ひとつですし、かといって高校生では強すぎますし(←わがまま)、

スピードよりも回転重視、何より安定してドライブが打てるという方が望ましい。

そんな都合の良い人が実は居るのです。

それが、



60~70代のペンドラ。

この年代のペンドラは威力重視の若年層と違い、

つなげるドライブをメインウェポンにしている方が多いので、

ショートの練習にはもってこいなのです。

何より中高生の

「チッ、ツブかよ、めんどくせーな、フォームが崩れるじゃん」的な態度を露わにされないので(ただし内心は知らない)

こちらとしても気が楽だったりします。

というわけで試合形式で練習してみたところ、なかなかに良い感じでした。

特に、相手の下回転系のサーブをツブで相手のバックにプッシュ。

返ってきたボールを相手のフォア前にストップという、

いやらしいいやらしい、けれど私が最も気に入っているパターンが割と成功し、

(ただし相手は結構イラついていた)

以前のレベルに近づけたかな、という感じでした。

この調子でかつての技術を取り戻したいものです。











黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

卑劣!

ブランクがあるとはいえ、そろそろ試合で勝ちたい。

ここのところ連敗なのでこんな感情を持ってしまいました。

とは言えまともにやっても勝てそうにない。ならばどうするか。




弱った相手を狙うしかない!(←卑劣)

そういうわけで、試合を終えたばかりの相手に間髪入れず試合を申し込むという、

卑怯な手段をとりました。

さすがに相手も、少し休ませてくれとおっしゃいましたが、

数分後、ろくに体力が回復しない状態で台につかせることに成功しました。



くくく……、あの疲労ぶり、おそらく足はそう動くまい……。

揺さぶってやる揺さぶってやるぞぉぉぉツブの嫌らしさ思い知るがいい!

……と黒いオーラを出しながら試合に挑んだものの、サーブミスを連発し、

なんと初戦は数点しか取れず、あえなく撃沈。

おおおおかしい! こんなはずじゃなかったはずだ落ち着け落ち着け、と

二セット目は冷静に、つなげることだけに専念したところ、

想定通り相手を振り回し、なんとか勝ちました。

考えてみればそもそも自分は昔から今まで極力攻撃を控え

ひたすらつなげることを第一に考えていたプレーをしていたのですから、

慣れない攻撃をすれば、そりゃあ自滅もしますよね。

まあそんなこんなで一進一退が続き、2-2で迎えた最終セット。

一応相手を振り回すことは出来たものの、全体的に球が浮き、

それを強打され、あえなく負けてしまいました。

一番多い負けパターンが、相手のサービス→レシーブが浮く→強打される

というもの。

ラリーになれば相手を振り回すことも出来ますが、一撃で決められてしまうと打つ手がありません。

今後はレシーブを強化したいと思います。

負けること自体は悔しいですが、課題が見つかり、色々考えるので有益ですね。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

ツブのリハビリ

久しぶりに卓球してきました。

去年の暮れからラケットを握っていなかったので相当体がなまっており、

自分でも驚くくらい下手になっておりました。

先週あたりから徐々にリハビリをしていたのですが、

今日は割と良かったような気がします。(試合は連敗でしたが)

私の使うツブというラバーは一般的に使われている裏ソフトとは違い

独特の打球感があります。

裏ソフトは相手の回転を自分で上書きして返すのに比べ、

自分から回転をかけられないツブは相手の回転に応じた適切な角度とタイミングと力加減で返球する必要があり、

口で言うのは難しいのですが、手首から先を柔らかく使い、ボールの勢いや回転を殺したり

あるいは逆にプッシュで強打するといった、わりと繊細な感覚が重要だったりします。

感覚的なものなので、ブランクがあると取り戻すのに苦労します。今の私のように。

ともあれ、あと数時間練習すれば、なんとかなりそうな気がします。











黒田千年堂ホームページ にほんブログ村
プロフィール

tonio

Author:tonio
清水羊羹元祖 黒田千年堂

お問い合わせ

管理人
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR