島根県安来市清水町 清水羊羹元祖 黒田千年堂の下僕のブログです

カットマン挑戦

前陣で相手のドライブがどうしてもショートで返せない。

そんなとき、シェークに持ち替えて後陣でカットできたら……という妄想をもとに

カットなどしてきました。

あ、妄想と書きましたが、実はこの考え、高島規郎さんも提唱していたりします。

ペンツブのラケットは大抵裏ソフトとツブの組み合わせで、

道具としてはカットマンと同じですし、

戦略的にもそれほど違いは無いように思ったので、

ひとつ試してみようと思い立ったのです。




結論から言うと、




かなり難しい。




何よりも前陣と後陣とではプレー領域が全く違うため、力の加減や移動距離がまるで違います。

それに加え、ネット際にストップされたボールにも対応しなくてはならないため、

相手のドライブを確実に返球できて、かつストップされても追いつける位置を見定めるのが

結構難しい。

さらに問題なのは、裏ソフトでは切る感覚が分かるのですが、

どうもバック側、つまりツブでは切るという感覚がいまいち分かりにくいです。

なんとなく、当てて返しているだけ、という感じしかしません。

実際バックカットは強打されまくりでした。

そしてこれが一番の問題なのですが……



異様に疲れる。



まあ、前陣と比べ守備範囲が圧倒的に広がりますから当然なんですけどね。

忍耐力と、あと身体的にタフじゃないとできませんね、これは。











黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

粒高談義

シェーク異質攻撃型の中学生と試合後に少し粒高について話をしました。

部内でもツブを使っているのは彼くらいで、もっぱらレシーブで相手を崩したり、

バックハンドドライブを打つ際にもツブで行っているそうです。

グラスやカールp3、フリクションスペシャル2などいろいろツブを試したそうですが、

結局行き着いたのはNo1。

彼の話では全体的な性能ではフリクションの方が上らしいのですが、

それを使いこなすだけの技量が未だ身についていないため、

今のラバーにしているそうです。

このNo1と言うラバー、実は私も使用しているのですが、

やはり他のツブに比べ圧倒的に扱いやすいです。

一番大きな特徴は自分で変化を付けられる点。

他の粒高は相手の回転によって変化が決まってしまうのですが、

このラバーは自分で切る、切らないを選択できますし、

やろうと思えばドライブだって出来てしまうのです。(もっとも威力は裏ソフトには劣りますが)

もちろん長所ばかりではありません。

ドライブなど攻撃しやすいとうことは、その分ツブ特有の変化が犠牲になっています。

ただ当てただけではグラスやp1ほど変化しません。

あくまでも「自分で変化を付ける」為のラバーなのです。

しかし、彼の話を聞いていると、

フリクションの方に浮気してみたくもなりました。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

サーブミス

格下の相手だとそれほどサーブミスをしないのですが、

格上が相手だと途端にサーブミスが増えます。

半端な回転やコースにサーブを出すと強打される可能性が大きいので

つい力んでしまうのです。

しかし今日の試合は我ながらひどかったです。

一試合で3,4本サーブミスを繰り返した上に、

相手のサーブ→粒高プッシュ→ロビング→スマッシュ→ロビング→スマッシュミス……

という完全なる自滅。

相手は積極的にドライブを打つわけでもなく、

後陣でひたすらこちらのミスを待っている感じでした。

ロビングも、特段回転がかかっているというわけでもないため、

たぶんまともな攻撃型なら一発で仕留められそうなんですが、

悲しいかな、私は攻撃を受けることはあっても自分から攻撃を仕掛けるタイプではないため、

ストップとかショートなど細々としたプレーで得点するほかありませんでした。

とは言え、やはり強い人と試合をするのは楽しいものです。














黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

勝ちパターン

卓球において私が相手に勝つパターンは次のような感じです。

1、相手がツブ未経験。
 この場合ほぼ一方的な試合になります。

2、相手がツブの原理を理解している、しかし対応できず精神的にキレて自滅。
 接戦になることもありますが、最終セットは楽勝な場合が多い。

3,あり得ないくらいツブでのフォア攻撃が入る。
 滅多にないです。というか過去に2回くらいしかない。

中学生が相手だと2のようなパターンが多いです。
キレた相手というのはとても料理しやすく、
放っておいても無茶打ちしてくれるので、
とにかくこちらがミスをしないように確実に返球し、
出来ればさらに相手を逆上させるよう
逆モーションを使ったり、虚を突くようなサービスを出したり
とにかくいやらしいことをします。
相手からは思いっきり嫌われて試合後の挨拶もろくにしてもらえませんが、
まあそれはいいのです。

逆に負けるパターンは

1、そもそも相手がツブに慣れていて、こちらが何をしようがことごとく返球してくる。
2、相手が試合中にツブの変化に慣れてくる
3、ツブにはそれほど慣れていないが、ゆっくり、じっくり返球してこちらのミスを待つ
4、3球目攻撃、4球目攻撃、あるいはレシーブから攻撃というように、ラリーになる前に勝負を決めに来る

高校生以上になると4のパターンが多くなりますね。
前陣で相手のドライブをショートしまくるのは難易度が高いため
こちらとしてもラリーは避けたいのですが、その前に一発きついのを相手から貰うと
どうしようもないのです。
守備型といえど相手に先制攻撃をさせない工夫が必要なのですね。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

専修大学のタオル

卓球好きなら言わずと知れた強豪専修大学。

実は少し前に極秘ルートからロゴの入ったタオルをいただいたのです。

例えばこれを試合前、対戦相手にさりげなく見せつけるとします。

すると、

(SENSHU UNIVERSITY……専修大学だと! こやつまさかOBか!? )

などと、多少なりともビビらせ、

ひょっとしたら試合開始直後の1,2点くらいは奪えるかもしれません!

試合中もきっと相手は考えるはずです。

(黒田……聞いたことないな。しかも今時ペンツブ……! こいつ、ただ者じゃないな……)

まあ、試合が進むにつれ、



(なんだ、カスだな)

というようなことになる可能性が非常に高いのですが。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

プロフィール

tonio

Author:tonio
清水羊羹元祖 黒田千年堂

お問い合わせ

管理人
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR