FC2ブログ

島根県安来市清水町 清水羊羹元祖 黒田千年堂の下僕のブログです

2019 清水寺灯参道

清水寺灯参道の季節がやって参りました。

今年は大櫃孝之さんによる「こて絵」を見ることが出来ます。

私も是非見たいのですが、おそらく売店でせっせとカレーパンを揚げているでしょう……

2019灯参道

2019灯参道














黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

ここ最近恐怖したこと

清水寺境内のトイレ掃除をしていたときのこと。

落ち葉が多い上、

掃いても掃いても少し風が吹くだけでハラハラと葉っぱやサルスベリの花弁が落ちてきて

うんざりとしておりました。

それでもかき集めた落ち葉をてみに入れて体の前に抱え、

さあ次の場所に移動しようと足を踏み出すと、

右足に何か細長いゴムのような物を踏んだ感触がありました。

あれ、ゴミでも踏んだかな、とてみをどけて確認すると

右足の下でのたうち回る一匹の蛇。









ひぎぃぃぃ!!


パニック状態で飛び退くと全身に鳥肌。

生来蛇が苦手で見るのも嫌なのにまさか踏んでしまうとは。

幸い蛇は弁財天の池の中に逃げてくれましたが、

そのあとの掃除は警戒を厳にしましたのでかなり時間がかかったことは言うまでもありません。
















黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

異世界ピクニック読了

異世界に行ってしまうお話は数ありますが、その異世界とは一体何なのか、

という問いに真っ向から答えてくれる作品は余りありません。

ところがこの作品は、異世界のことを

人間の認知機能を利用し、恐怖を与える世界という風にきちんと描いています。

したがって人間が知っていて、さらに恐怖を覚えなくてはならないので、

うねうねだの八尺様だの、その手の都市伝説が登場してくるわけです。

ピクニックなどと題名にはありますが、けっこう死にそうになったりしているので

あまりお気楽な内容ではないですね。

また、たぶん私の頭が足りないせいでしょうが、

形而上の説明はなんだか訳が分かりませんでした。




ノーヘルのローディー

最近流行っているのかは分かりませんが、

ちらほらノーヘルのローディーを見かけます。

私などは恐ろしくてノーヘルで9号線などとても走ることが出来ませんが、

この手の人たちは全く気にする様子もないように見えます。

自分は大丈夫という考えなのかも知れませんが、

どんなに自分が気をつけていても

事故は他人の不注意でも起こりうるわけなので、

万一のことも考えて装着しておいた方が良い気がします。











黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

アジサイの移植

先日、あじさいの移植をしてきました。

某所で咲いていたものを、あじさい駐車場へ移動したのですが、

まず、根を掘り出すのに難儀しました。

そもそも土に結構大きな石が混じっていることに加え、

意外にあちこちに根が伸びており、

必死にシャベルを突き立てても一向に穴が広がらない有様でした。(もちろん私が非力なせいもありますが)

半ば貧血を起こしつつやっとの思いで掘り起こし、無事移植できましたが、

かなり根を切ってしまったので、正直定着するか不安です。











黒田千年堂ホームページ にほんブログ村


草刈り

先週から草刈りをする機会が増えました。

最近は比較的気温も高くはありませんし、天気も曇りや雨の日が多いので、

炎天下でやるよりは幾分マシかなと思います。

しかしながら相変わらず体力が無いので休憩中ぐったりしていると、

その様子を見た町内の方から

「死んでるかと思った」

などと言われる始末。













黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

KUOTA KRYON

9号線を車で走っていると、一人のローディーを見かけました。

気になってダウンチューブを見るとKUOTAの文字。

このメーカーのことは詳しくないので自信がありませんが、

おそらくKRYONだったかと。

GIANTは割と目にするのですけど、KUOTAは余り出会わないので

ラッキーでした。

というか、やはり格好良いですね。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

料金精算機が苦手

ご高齢ドライバーの事故が相次いでいます。

実は私も車の運転において未だに苦手なことがあります。

それが、

発券機や精算機に横付けすること。

通常ならば問題ないのですが、

車を90度曲げて横付けする場所は少々緊張してしまいます。

後続車がいる場合はなおさら。

安来で言うなら、合銀の安来支店さんなどですね。

車に乗り始めた頃はしょっちゅうシートベルトを外し、

身を乗り出して精算していたものでした。

さすがに現在はそんなことはありませんが、

初めて訪れる場所でこういう状況になると、ドキドキします。












黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

裏面練習中

裏面でのレシーブや3球目攻撃が出来れば戦術の幅がぐっと広がる。

そんな思いから裏面を練習していますが、




激難しい


そこらの中学生が当たり前のようにやっているので軽い気持ちで始めましたが、

球種とコースを限定した練習ですら、10球に1球入るかどうかというレベル。

うまい人に言わせると、



当てて返してるだけですね

とのこと。

回転をかけないとボールが安定しないし、なにより下回転が持ち上がりません。

原因は自分でも分かっています。

気持ちが焦って十分な体勢を取れないまま、手だけで打ってしまうのです。

なんとか克服したいものです。













黒田千年堂ホームページ にほんブログ村

Dr.Neubauer No1

カールP1rでリハビリを続け結構ツブの感覚を取り戻せたような気がするので

メインで使っていたNo1に戻すことにしました。

やはり打ちやすさ、カット性ショートのキレがP1rを凌駕していますので

タイミング良く切れば相手のドライブを封じることが出来そうです。

何よりも特筆すべきは、ツブのくせに自分からある程度変化を付けられるということ。

ツブはその性質上自分から変化を付けづらく、相手にしてみれば、

自分が回転をかけた同程度の回転量で戻ってくる、とあらかじめ予想できるわけです。

そこでカット性ショートでもかましてやると、その予想を上回る回転で返球できるため、

頻繁にミスしてくれます。

加えて、カット性ショートは通常の当てるだけのショートと弾道が違うのも利点です。

通常のショートは比較的ゆっくりと放物線で相手に返っていくので、下手に浮くと

強烈なドライブやスマッシュを食らってしまうのですが、

カット性ショートは結構スピードがあり、しかも直線的に飛んでいくので

相手は戸惑うはずです。

理想としてはカット性ショートを相手が持ち上げて来たところを裏面で仕留める、というのが

最高なんですが、残念ながら私の裏面はまだまだ試合で使えるレベルには達していません。











黒田千年堂ホームページ にほんブログ村
プロフィール

tonio

Author:tonio
清水羊羹元祖 黒田千年堂

お問い合わせ

管理人
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR